年齢と共に減るグルコサミン

年を取ると共に腰や膝などの関節が痛くなる人がいます。それは関節を保護する軟骨がすり減るためです。若い頃には正常に形成されますが、加齢や運動不足、肥満などにより、段々と新しい軟骨の形成が元の正しい形に戻らなくなってきます。そのために、体を動かした時に骨同士がこすれあったり、関節包や靭帯、筋肉の腱が傷付いたりして神経に障るので、痛みが出て来るようになってしまうのです。

グルコサミンは、人間の体内の軟骨や爪、皮膚などに存在する成分です。細胞と細胞とを結びつける組織としての働きがあり、主に関節にある軟骨部分の新陳代謝に大きく影響しています。
よく皮膚の保湿成分として有名なヒアルロン酸との違いを比較されていますが、ヒアルロン酸は保湿力があると共に軟骨そのものを形成する材料となります。変形性関節症の治療などで、関節に直接ヒアルロン酸の注射をするのはこの理由からです。
また、ヒアルロン酸の分子の大きさはグルコサミンの分子の数千倍であり、吸収率がそれだけ悪い為に、経口摂取よりも注射の方がより速攻性があります。
グルコサミンもヒアルロン酸も、サプリメントとして飲んだ場合には一旦分解、消化されてから吸収されるので、吸収率は表示されている成分の数分の1まで落ちることは考慮しなければなりません。

サイト内メニュー

参考サイト

お友達リンク

ボックス画像1

グルコサミンで関節等の老化を予防しよう

ボックス画像2

一緒に摂取すると効果が上がる成分

ボックス画像3

吸収率の良いグルコサミン

ボックス画像4

オススメのグルコサミンサプリメント

Copyright© 健康生活に欠かせないグルコサミン All Rights Reserved.