グルコサミンで関節等の老化を予防しよう

グルコサミンは食品には微量しか含まれていない為、サプリメントなどで体外から直接補給する必要があります。体内で生成されるグルコサミンの量は生まれた時が最も多く、その後下降し、40代では3分の1から4分の1、50代以降では5分の1にまで減少すると言われています。グルコサミンには関節痛等の予防効果の他、保湿性向上等の美容効果もあるので、生成が減少する40代以降に肌の乾燥やシワ、たるみなどが出てくるのはごく自然なことと言えます。

これらの老化が進む前に、グルコサミンを補給して肌の乾燥や関節の痛みなどを予防するのはとても有効なことだと言えます。グルコサミンの摂取には、タブレットタイプのサプリメントの他、ドリンクタイプの物や塗るタイプの物があります。体全体に対する老化予防に関しては全身に巡りやすい口から飲むタイプの物が良いでしょうし、関節等の局所に使う場合は塗るタイプの物が効果があると思われます。
塗るグルコサミンはあまり馴染みがないかも知れませんが、「キダデラックス」というエミューオイルとMSM(メチル・スルフォニル・メタン)が配合された塗り薬は、肌から吸収されやすく低分子化した成分配合で、糖尿病など口からのグルコサミンの摂取を禁止されている人でも部分使用が出来る優れものです。かかりつけの医師と相談の上、使用を検討してみるのも良いでしょう。

Copyright© 健康生活に欠かせないグルコサミン All Rights Reserved.